利用規約

出張ヨガ Mind’s利用規約

出張ヨガ Mind’s(マインズ)のご利用に当たっては、以下の利用規約をよくお読みいただきお申し込みください。お申し込みいただいた場合には、利用規約のすべてに同意したものとして取り扱わせていただきます。

第1章 総則

第1条(当会の目的)
出張ヨガ Mind’sは、法人企業を会員企業とし、その従業員等(以下「利用者」といいます。)に向けた福利厚生等のために、ご要望に応じたヨガレッスンを提供することを目的とするサービスです。(以下、法人という。)

第2条(運営)
当会の運営は、株式会社ガッツソウルカンパニー(以下「当社」といいます。)が行います。

第2章 会員

第3条(入会資格)
当会の会員は、本規約、その他当会の定める事項に同意確認した上、これらを遵守することを承諾する法人とします。

第4条(会員資格の取得)
当会への入会を希望する法人は、当社所定の入会申し込み手続きを行い、当社の審査等を経て、所定の入会金を納入することにより、会員として登録されます。

第5条(料金)
1 入会金は 利用内容に応じて設定された「料金体系表」により定めます。なお、入会金は、1回でも当該会員向けにレッスンが行われた場合は、理由の如何を問わず返金されないものとします。
なお、1回目のレッスンまでの退会する場合は、会員指定した金融機関の口座へ、送金手数料を控除した上で、振込送金の方法により返金します。
2 利用料金・キャンセル料金(以下「料金等」といいます。)は、につきましては、「料金体系表」に従います。
3 料金等は、毎月末日を締日として、当社より、翌月10日までに会員へ請求し、会員は翌月末日までにこれを支払うものとします。

第6条(会員資格の譲渡等)
会員資格は法人に限るものとし、会員資格の他に譲渡及び名義変更はできません。

第7条(休会)
1  休会を希望する場合は、当会所定の休会届けを提出の上、料金等当会へ未払金がある場合はこれを完済していただきます。
2 休会期間は、休会開始日より最長1年間とします。期間経過後、1ヶ月内に利用が再開されない場合は、自動的に会員資格が抹消されます。

第8条(退会)
1  退会を希望する場合は、当会所定の退会届を提出の上、料金等当会へ未払金がある場合はこれを完済していただきます。
2 当会への再度の入会に当たっては、入会金のお支払いが必要となります。

第9条(除名等)
1 次の各号に該当する場合、当社は、会員資格の一定期間停止又は除名することができるものとします。
① 料金等を滞納したとき。
② この規約の条項に違反し、その治癒を求めているにもかかわらず会員が応じない場合。
③ マインズスタッフ又はインストラクターとの意思疎通が困難と思われる場合。
④ 地域、時間帯などの理由でインストラクターの訪問が困難と思われる場合。
⑤ 本規約、その他当会の定めた事項に反する行為があった場合。
2 前項の場合、その時点における料金等の未払金がある場合は、これらを直ちにお支払いいただくものとします。

第10条(直接契約の禁止)
会員は、当社のインストラクターと出張ヨガに関して直接取引を行ってはならないものとします。万一、これに違反して直接契約した場合は、¥100,000
の違約金の支払義務が生じるものとします。

第11条(会員資格の喪失)
1 会員は、次の各号のいずれかに該当する場合、その会員資格を喪失します。
①退会
②除名
③破産、民事再生、会社更生等の手続が開始したとき

第12条(届出事項の変更等)
1 会員は、代表者の氏名、住所、連絡先及びその他入会に関する手続き時より変更が生じた場合には、速やかに当会に届け出るものとします。
2  前項の届出が行われないことにより会員に不利益が生じた場合、当社は一切責任を負いません。

第3章 ビジター

第13条(ビジター制度)
1 当社は会員資格を有しない者(以下、ビジターという)について、会員に準じてサービスを提供することがあります。
2 ビジターの料金等は、別途当社が定める基準に従うものとします。
3 ビジターは、本規約及びその他当会が定める運営・管理に関する事項を遵守するものとします。

第4章 運営・管理

第14条(運営・管理)
1 当会の運営・管理は当社の権限において行うものとし、会員及びビジターは、当会の運営・管理について関与できないものとします。
2 当社は、利用規程等、運営・管理に関する規則を定め、かつこれを任意に変更することができます。

第15条(利用方法及び利用の制限)
1 ヨガインストラクター派遣は、予約を前提とし、派遣できる時間は当社が定める範囲内とします。
2 次の各号に該当した場合、サービスの利用はできません。
①利用者が刺青・タトゥーのあるとき
②利用者の中に暴力団関係及び当会が不適当と認める者がいる場合
③利用者が伝染病、その他他者に伝染又は感染する恐れのある疾病を有するとき
④利用者が飲酒等により、正常なレッスンができないと認められる場合
⑤利用者が医師等により運動を禁じられている場合
⑥会員の希望場所へ派遣できるインストラクターの確保ができない場合
3 前項にかかわらず、予約成立であっても、当社のサービス全体に支障を来たす場合は、当社の判断により、予約の取り消しをすることがあります。

第16条(受講方法)
1 当社は担当インストラクターが決まり次第、直ちに会員にインストラクターの氏名及び必要な情報を当会の定める方法にて通知いたします。
なお、レッスンを行うインストラクターに支障が生じた場合には、直ちにこれを会員に通知致します。
2 会員は、前々日17時まで、レッスン日の振替を申し出ることができます。
3 会員又は利用者側の理由(体調不良・スケジュール調整の不備等)により、前項の時間以後にキャンセルとなった場合、「料金体系表」に定める「当日キャンセル料金」をお支払いいただきます。
4 インストラクター側の理由(体調不良・スケジュール調整の不備等)または天災地変等の不可抗力により、レッスンが休講になった場合は、原則として、レッスン日の振替を行うことにより対応します。

第17条(責任事項)
1 会員及び利用者は、自らの責任と負担においてサービスを利用するものとします。
2 利用者は、その健康状態等につき自己責任においてレッスンを受けるものとします。
3 レッスン中の利用者の負傷その他の損害については、インストラクターの故意又は重過失によるものを除き、当社は一切責任を負いません。
4 レッスンの受講に際して私物の管理は利用者の自己責任で行うものとし、盗難等の損害については一切の責任を負いません。
5 会員は、利用者に対し、前4項の定めを周知させるものとします。
6 本条の規定は、ビジターとその利用者に関しても適用されるものとします。

第5章 その他

第18条(料金等の改定)
1 当社は、経済情勢の事由により、料金等を随時改定できるものとし、2か月間の告知期間を経て、改訂後の料金等が有効となるものとします。
2 入会金の改定については、前項の規定にかかわらず随時行えるものとします。

第19条
当社は、当サイト上に、会員企業名を、利用状況の画像とともに掲載することがあります。

第20条(細則等)
本規約に定めの無い事項並びに運営上必要な事項は、別途細則等で当社当会が定めるものとします。

第21条(閉鎖)
当社は、次の場合、当会を閉鎖することができるものとし、この場合、全ての会員は自動的に退会となり、何等異議申し立てをすることはできません。
なお、当社は会員に対し、何ら補償義務を負わないものとします。
① 法令の制定改廃または行政指導により営業が不可能になったとき。
② 災害その他により営業が不可能になったとき。
③ 著しい社会情勢及び業績の変化、その他やむを得ない事由が発生したとき。

第22条(改訂)
当社は、本規約を必要に応じて改訂することができるものとし、その効力は全ての会員・ビジターに及ぶものとします。

第23条(その他)
本規約に定めなき事項並びに業務運営上必要な事項は、当社が定めるものとします。

第24条(施行)
本規約は、2018年4月1日より施行します。

細則

第1条(営業時間)
当会事務局の営業時間は、平日10:00~18:00とします。

第2条(休日)
1 当社の定休日は土日祝とします。ただし、レッスン日は土日祝にも設定できます。年末年始、夏季等の季節休日については、別途通知または告知するものとします。

2 当社が前項の定休日以外においても、別途通知(メール・データーベース)した上、臨時休日を設けることができるものとします。
3 休日の増加、変更、臨時休日を設定する場合、当会は会員に対する補償を要しないものとします。
4 前各項の場合、会員は当会に対し、異議申し立て、権利主張、その他一切の請求をすることができないものとします。

第3条(細則の改定ならびに効力)
当会は社会経済状況の変化に対応して、入会条件、利用条件等を変更する必要がある場合は、
随時本細則を改訂することができるものとし、その効力は全てに及ぶものとします。
この場合、会員は、細則の改定に対し、異議申し立て、権利を主張し、その他一切の請求をすることができないものとします。

第4条(施行)
本細則は、2018年10月15日より施行いたします。